If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

梅雨のない6月

sora200a.jpg

異常気象?全く雨が降らない。ダムも干からびちゃって水不足が懸念されている。東京はまだ大丈夫みたいだが。
毎晩部屋の冷房を25℃に設定しないと寝れなくなってしまった。そのせいで外に出るだけで大量の汗をかく。
最悪なのはバイトに行く時。ネクタイ必須。拷問としか言えない。
今日みたいな日は外に出ない方が賢明かも。光化学スモッグ、熱中症、日射病にはお気をつけて。

私は涼しい部屋の中で早めの試験勉強開始。

スポンサーサイト
別窓 | My Life | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

英語力強化プロジェクト

昨日、TOEICの結果が返却された。

2005.1.23(前回初受験) 700(R:380 L:320)
2005.5.29(今回2回目) 760(R:400 L:360)

前回より60点アップ。嬉しい!ヽ(゚∀゚)メ
正直勉強時間はそれほど多くなかったけど、良かった。

パート7の読解はおそらく満点かも。後はパート5と6の文法でどれだけミスをなくすか。

リスニングは直前の模試テキストでやったよりも点数が良かった。今までで最も良い出来。パート3と4を今後も強化しなくては。

今後は9月と12月に受験予定。9月の目標は860点、Aランク超え。最終目標は900点。

無謀かな?

      ,一-、
     / ̄ l |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■■-っ < んなーこたーない
    ´∀`/    \__________
   __/|Y/\.
 Ё|__ | /  |
     | У..  |


別窓 | My Life | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

アジア王者の意地と王国のプライド

20050623-00000011-spnavi-spo-thum-000-small.jpg

FIFAコンフェデレーションズカップ GERMANY2005 REVIEW
【日本 2-2 ブラジル】
試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、日本のドイツでの戦いは幕を閉じた。だが、1勝1敗1分という結果以上に内容的に非常に収穫のある大会であった。

正直、試合開始早々の加地のゴールが決まっていたら・・・。そんな「たられば」も言いたくなるジーコ同様、試合後、無性に悔しさが募ってきた。

ジーコが「世界のどこのチームでもやっていける」と言わしめるロビーニョのゴールで先制された日本だが、そのままズルズルいかないのが、この大会におけるジーコジャパンであった。
前半27分、俊輔の素晴らしいミドルシュートで同点。ブラジル守備陣の一瞬のスキをついたスーパーゴール。驚きと興奮。

今世界で最も巧い男、ロナウジーニョも常人ではなかった。ファウルさえさせてもらえない日本守備陣。結果的にブラジルの2得点に絡む活躍。これからのセレソンを背負って立つ存在であることは言うまでもない。

途中出場の大黒はまたも大仕事をやってのけた。後半43分の同点ゴール。この大会で完全に、”頼れる日本のエースストライカー”としての地位を確立した。

なにか”日本らしいサッカー”が少しずつ出来てきたような気がする。1年後が楽しみになってきた。
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

絶好調の55番

050622_bbl_mlb_matsui_180.jpg

N.ヤンキースの松井秀喜は日本時間22日、デビルレイズ戦で2試合連続となる本塁打を含む4安打2打点の活躍。また、先日日米通算200勝を達成した野茂英雄からも2安打と勝負強さを発揮した。
ニュースでも何回も取り上げられているが、まさに「怪我の功名」。先週の週間MVPを獲得するなど、まさに絶好調だ。その要因はというと・・・
深夜帯で放送されている「MLB主義」という番組内で、あの鉄人衣笠さんが「怪我をしたことにより、かえって右足の踏み込みが良くなり、腰の回転がスムーズになった。」と言っていた。なるほど。
巨人時代から松井は”夏に強い”という印象を私は勝手に持っている。これからのヤンキースの浮上はゴジラの活躍なくして語れない。
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

コンフェデ杯、これまでの2試合を振り返って

050617_soc_photo_1s.jpg

【6/16 日本 1-2 メキシコ】
結果的にはメキシコの精度の高い2発に沈んだ。
日本も前半から右サイドの加地が鋭い動きを見せ、先制点を挙げたが、追加点が奪えなかった。
個人的に見て、シュート数が少ない?と思ったのは私だけであろうか。ゴールへの意識、シュートを打つ、という意識をもっと狙って欲しかった。
守備面では全体的にラインが下がり目で、そのため中盤でのプレッシャーが甘くなり、メキシコに好きなようにボールを支配されてしまった。1点目のミドルシュートの場面も、もう少し詰めておけば防げていたかもしれない。アジア内では体感できなかった「世界」レベルの精度の高さにやられた。
後はアレックス。右の加地が良かっただけに、その悪さが際立ってしまった。正直イライラ。奮起を期待する。


050620_soc_photo_5s.jpg

【6/19 日本 1-0 ギリシャ】
結果だけ見れば、”日本の素晴らしい勝利”と言えそうだが、何かスッキリしない勝利だった。
その原因はもはやお馴染みの言葉となっている”決定力不足”。
メキシコ戦とは違い、攻撃陣のゴールへの意識は非常に高かったが、フィニッシュが決まらなくては、シュートを何本打ったところで試合を決めることはできない。
FW陣と中盤が巧く絡み合い、理想的な攻撃が出来ていたのにもかかわらず、前半に得点が奪えなかったことは歯がゆかった。
後半、途中出場の”大黒様”のゴールで勝利を掴んだが、得失点差を考えると、快勝とは言えなかった。(実際、次のブラジル戦は勝つ以外予選突破の道がなくなってしまった。)
1年前、あのフランス、ポルトガルを倒したギリシャは、そこにはいなかった。一部の主力が抜けているのも事実だが、コンディションは最悪だったのだろう。

ブラジルがメキシコに敗れてしまったために、日本戦は本気モードで来る。どれだけ日本はやれるのか?はたまたやられてしまうのか?期待と不安を抱えながら、明日のブラジル戦を待つ。
別窓 | My Life | コメント:1 | トラックバック:3
∧top | under∨

新たなる船出

自分なりの充電期間を経てブログを再開することにした。
これまでの楽天広場のブログは一応残しておくが更新はしない予定。
これからはこちらのブログで書いていくことにする。
まだ、このFC2のシステムがよく分からず、戸惑い気味だが、少しずつ慣れていきたい。
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。