If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

World Record Artist

thumb_im00019593.jpg

ヘルシンキ世界陸上7日目。女子棒高跳び決勝で、エレーナ・イシンバエワ(ロシア)選手が5m01の世界新記録で優勝。彼女の世界記録更新は、なんとこれで18回目。
自分の順番が回ってくるまでは帽子を深くかぶり、まるで「昼寝」しているかのようなリラックスした状態で待つ。いざ自分の試技になると、他の選手は相手にならないほどの完璧な跳躍。
これほど「静」から「動」への切り替えが上手くできる選手はアスリートの中でも珍しいんじゃないかと、素人ながらに思う。
2年後には大阪で世界陸上が行われるが、その時、記録はどこまで伸びているんだろう。

スポンサーサイト
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

世界最速

thumb_im00019405.jpg

6日開幕した、世界陸上ヘルシンキ大会。昨日のメインは男子100m決勝。アメリカのジャスティン・ガトリン選手が9秒88で優勝。「強い!」の一言に尽きる。
昨年のアテネ五輪では2位のオビクウェル(ポルトガル)選手とわずか0.01秒差。だが今回は見た目ではっきり分かる着差だった。
優勝したガトリン以外、他の選手の決勝でのタイムは10秒台。やはり気候面での難しさがあったのか。その中でのガトリンの強さは抜きん出ていた。

男子400mハードル準決勝では為末大選手が決勝進出。本人はインタビューで「実質8番目でかっこ悪いですね・・・」というコメントをしていたが、いやいやとんでもない。
ファイナリスト、世界のベスト8に入ったということはそれだけで素晴らしいこと。胸を張って決勝に臨んでほしい。
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。