If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

大きな壁

31595605.jpg

この本を読んで少し凹んだ。自分が如何に「出版社就職」に対して甘い考えを持っていたか、思い知らされた。

大手出版社への就職は大きな壁。そんなこと今更言うべきことでもないが、しっかりとした対策をしなければならない。

筆記試験、作文、三題噺などの創造性を見る課題が山ほど。果たして難関を突破できるのか。
また、企業研究、その出版社が刊行している雑誌・書籍もより細かく調べなければならない。

日頃、読書をしない自分はこの時点で出遅れているのか、といった焦りも出てきた。とにかく闇雲に「出版」会社の採用試験を受けるのは止めようと思う。
じっくり考えて絞っていくつもりだ。

先日、某中小出版社へエントリーシートを提出。結果は2月中旬判明。
なんとか次のステップに進みたい。


スポンサーサイト
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年度初説明会

昨日、今年度初となる企業説明会に行ってきた。
場所は都内の某ホテル。

業界内でのトップ企業とあって、社員の方は皆パワフルだった。
特に印象的だったのは、司会進行役の人事の方のコメントが一言一言、意義深いものであり、聞いてて面白かった。
奇麗事ばかりではなく、学生が知りたい「弱み」も話してくれた。
2時間はあっという間だった。

今は年始に締め切りが迫っている某出版社のエントリーシートの作成に追われている。悪戦苦闘。

年賀状作成も同時進行。元旦に果たして間に合うのか・・・。
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

3年半

今日、年内最後の塾講師のアルバイトが終了。冬期講習の講師人数が少ないらしく、頼まれたけど断った。年末・年始は企業説明会、エントリーシート作成やTOEIC、大学のレポートや試験勉強。やる事は山ほどある。あと年賀状も書かないと、それほど多くないけど。しっかり毎年送ってくれてる人には丁寧に書くことにする。

塾講師のアルバイトだが、今日来年の3月いっぱいで辞めることを伝えてきた。就職活動一本に絞るという理由から。

いろいろ学ぶことが多いバイトだったが、何か「狭い世界、閉ざされた空間」にいる気がしてならない。これは自分の感覚にすぎないんだけど。だから仕事にはしたくない。

3年半続けてきたので、学生アルバイトの中では完全にベテランで、入った当初にいた人たちは当然もういない。

この仕事ははっきり言って、かなりキツイ。最初の半年ぐらいは思っていたが、慣れると案外楽しいものである。当初は毎回怒られていた、そのせいでだいぶ凹んだけど、たいへん勉強になった。「一度犯したミスを二度と繰り返さないこと」これが重要だったし、常にそれを意識していた。

生徒も十人十色。手ごわい生徒も中にはいて、これが大変だった。
かばんだけ持ってきて、筆記用具から全て忘れた生徒もいた。「何しに来たんだ(笑)」と思わず笑ってしまったこともある。
忍耐力・精神力の修行にはなったかな。我慢できずに激昂したこともあるけど、説教じみたことは今でも好きじゃない。自分がされると腹たつし。あと時間がもったいない。1問でも多く解いた方がいい。

あとはコミュニケーションがいかに大切か、ってことを痛感。予備校とは違ってこちらが発信するだけでなく、受信もしなくてはいけない。

今では生徒一人一人の「プロフィールなるもの」が頭の中に構築されていて、「会話のキャッチボール」が楽しいけど、たまにサッカーの話題などで盛り上がりすぎて脱線する。慣れは怖い。

現在、中3生を2人担当しているが、なんとか第一志望に合格して欲しい。


何はともあれ、あと3か月精一杯やることにする。
別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

挑戦×決戦まであと半年

051210_soc_zico180.jpg

昨日、2006年ワールドカップドイツ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が行われた。組み合わせは以下の通り。

グループ A
ドイツ
コスタリカ
ポーランド
エクアドル

グループ B
イングランド
パラグアイ
トリニダード・トバゴ
スウェーデン

グループ C
アルゼンチン
コートジボワール
セルビア・モンテネグロ
オランダ

グループ D
メキシコ
イラン
アンゴラ
ポルトガル

グループ E
イタリア
ガーナ
アメリカ
チェコ

グループ F
ブラジル
クロアチア
オーストラリア
日本

グループ G
フランス
スイス
韓国
トーゴ

グループ H
スペイン
ウクライナ
チュニジア
サウジアラビア

ブラジルと同組になった瞬間、ジーコ監督がニヤリと笑みを浮かべたのが印象的。苦笑いかな?やっぱり。

とりあえずC組に入らなかったのに安堵。セルビア・モンテネグロが早々と入ってくれたお陰で、日本がいわゆる「死のグループ」に入るのが避けられた。

アルゼンチン×オランダは1次リーグの中ではビッグカード。
グループBとEも実力伯仲で激しい戦いになりそう。

ドイツのグループA、「おい、なんだその組み合わせは(笑)」


で、日本はブラジル、クロアチア、オーストラリアと同組。個人的な感想だが、正直、ワールドカップという最高の舞台でブラジルと日本の試合が見ることができるのは嬉しい。
3戦目ということで、勝ち点次第でブラジルがメンバーを落として「ガチンコ勝負」が見られない可能性もある。
どうせなら、初戦で対決を見たかったが、そうなると、日本の予選突破に響いてくる。「ワクワクするような純粋な真剣勝負」を取るか、「何が何でも次のステージへの進出」を取るか。ある種のジレンマが自分の中にある。

クロアチアは1998年のフランスワールドカップで苦汁をなめた相手。あのシュケルのゴールは今でも鮮明に残っている。7年前とはまるっきり状況が違う。決して勝てない相手ではないが、ヨーロッパ予選でスウェーデンを破って1位で突破してきた実力国。侮れない。

初戦であたるオーストラリアは、2002年のベルギー戦同様、言うまでも無く、日本代表にとって非常に重要な一戦になる。
ワールドカップという世界の強豪国が集う中で、厳しい言葉かもしれないが、負けは許されない。
オランダ、韓国をワールドカップでベスト4まで導いたヒディンク監督(現PSV監督)の存在が不気味でならない。2002年のイタリア戦で6人のFWを投入したように、今回は一体どんな”マジック”を使ってくるのか、日本はそれに惑わされないようにしたい。

開幕まであと半年、期待と不安が入り混じる。




別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ワールドベースボールクラシック

thumb_im00027358.jpg

いわゆる、野球世界一決定戦、サッカーでいうワールドカップにあたる大会が来年3月、行なわれる。

メジャーリーグの超一流プレイヤーが参加を表明。日本からはイチローが既に参加に意欲を示しており、ヤンキース松井の出場も期待されている。

野球ファンとしてはこれほど楽しみな大会はないが、懸念材料もある。

1.3月という開幕直前の時期に選手は100%の状態でプレーできるのか。
本来なら3月はオープン戦の時期であり、この期間に開幕に向けて調整する。しかし、3月が「開幕」だとすると、2月の春キャンプで既に調整しなければならず、果たして本番で実力を存分に発揮できるのか、疑問が残る。

2.直後に長いリーグ戦の開幕を控えているため、選手が怪我を恐れて全力のプレーをできない恐れがある。
おそらく、一流のプロ選手だからそのようなことはないと思うが、心のどこかで感じずにはいられないと思う。また、選手の疲労を考慮して投手の球数制限を設け、「100球」までというルールを作ろうか、という議論もある。松井が言っていたが、果たしてそれが「野球」と呼べるのか、と思う。

3.ペナントレース開幕の直前ということで、選手を出し惜しみする球団が出てくるかも。
これは2.と重なるが、昨年のアテネ五輪の時にあったように「出場は1チーム2人まで」という制限は今回はやめてほしい。せっかくの世界的な大会でこのような制限を設けていては、盛り上がるものも盛り上がらなくなってしまう。

とは言え、オリンピックでも見られなかったスーパースターによる真剣勝負が見られると思うと、ワクワクする。


別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

寒さと共に師走

もう12月かあ、1年はホントに早い。

昨日ニュースを見てたら、

「倖田來未、12/31 NHK第56回紅白歌合戦 初出場!」

おお、デビューから5年遂に紅白出場。
祝!∩( ・ω・)∩

まだ、何の歌を歌うのかは分からないけど、歌唱力に注目。
もちろん「エロカッコイイ」踊りにも注目(・∀・)

大晦日は格闘技ベースだけど、チャンネル変えなくては。



別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。