If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

挑戦×決戦まであと半年

051210_soc_zico180.jpg

昨日、2006年ワールドカップドイツ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が行われた。組み合わせは以下の通り。

グループ A
ドイツ
コスタリカ
ポーランド
エクアドル

グループ B
イングランド
パラグアイ
トリニダード・トバゴ
スウェーデン

グループ C
アルゼンチン
コートジボワール
セルビア・モンテネグロ
オランダ

グループ D
メキシコ
イラン
アンゴラ
ポルトガル

グループ E
イタリア
ガーナ
アメリカ
チェコ

グループ F
ブラジル
クロアチア
オーストラリア
日本

グループ G
フランス
スイス
韓国
トーゴ

グループ H
スペイン
ウクライナ
チュニジア
サウジアラビア

ブラジルと同組になった瞬間、ジーコ監督がニヤリと笑みを浮かべたのが印象的。苦笑いかな?やっぱり。

とりあえずC組に入らなかったのに安堵。セルビア・モンテネグロが早々と入ってくれたお陰で、日本がいわゆる「死のグループ」に入るのが避けられた。

アルゼンチン×オランダは1次リーグの中ではビッグカード。
グループBとEも実力伯仲で激しい戦いになりそう。

ドイツのグループA、「おい、なんだその組み合わせは(笑)」


で、日本はブラジル、クロアチア、オーストラリアと同組。個人的な感想だが、正直、ワールドカップという最高の舞台でブラジルと日本の試合が見ることができるのは嬉しい。
3戦目ということで、勝ち点次第でブラジルがメンバーを落として「ガチンコ勝負」が見られない可能性もある。
どうせなら、初戦で対決を見たかったが、そうなると、日本の予選突破に響いてくる。「ワクワクするような純粋な真剣勝負」を取るか、「何が何でも次のステージへの進出」を取るか。ある種のジレンマが自分の中にある。

クロアチアは1998年のフランスワールドカップで苦汁をなめた相手。あのシュケルのゴールは今でも鮮明に残っている。7年前とはまるっきり状況が違う。決して勝てない相手ではないが、ヨーロッパ予選でスウェーデンを破って1位で突破してきた実力国。侮れない。

初戦であたるオーストラリアは、2002年のベルギー戦同様、言うまでも無く、日本代表にとって非常に重要な一戦になる。
ワールドカップという世界の強豪国が集う中で、厳しい言葉かもしれないが、負けは許されない。
オランダ、韓国をワールドカップでベスト4まで導いたヒディンク監督(現PSV監督)の存在が不気味でならない。2002年のイタリア戦で6人のFWを投入したように、今回は一体どんな”マジック”を使ってくるのか、日本はそれに惑わされないようにしたい。

開幕まであと半年、期待と不安が入り混じる。



スポンサーサイト

別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<3年半 | If you try, you can make it. | ワールドベースボールクラシック>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。