If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

読書週間1

022069760000.jpg

『バトルロワイヤル』
高見広春(著)

自分は映画は見ていないので、映画についての感想は述べることができないが、書籍については「印象に残る作品」だと断言してもいい。

残虐な事件が多発している昨今、このように述べることは、反感を買うかもしれないが、単なる「野蛮なゲーム」という記述に終始することなく、極限状態における人間の「善」と「悪」が、この本では表現されている。

『西暦1997年、東洋の全体主義国家、大東亜共和国。
この国では毎年、全国の中学3年生を対象に任意の50クラスを選び、国防上必要な戦闘シミュレーションと称する殺人ゲーム、"プログラム"を行なっていた。
ゲームはクラスごとに実施、生徒たちは与えられた武器で互いに殺しあい、最後に残った一人だけは家に帰ることができる。香川県城岩町立城岩中学校3年B組の七原秋也ら生徒42人は、夜のうちに修学旅行のバスごと政府に拉致され、高松市沖の小さな島に連行された。
催涙ガスによる眠りから覚めた秋也たちに、坂持金発と名乗る政府の役人が、"プログラム"の開始を告げる。
ゲームの中に投げ込まれた少年、少女たちは、さまざまに行動する。殺す者、殺せない者、自殺をはかる者、狂う者。仲間をつくる者、孤独になる者。信じることができない者、なお信じようとする者。愛する気持ちと不信の交錯、そして流血…。
ギリギリの状況における少年、少女たちの絶望的な青春を描いた問答無用、凶悪無比のデッド&ポップなデス・ゲーム小説。』

以上amazonから引用。

思わず目を覆いたくなるストーリーだが、とにかく一人一人のキャラ設定が細かい。42人42色。
ストーリーは主人公の七原秋也の「目線」が主であるが、良い塩梅で他のクラスメイトにスイッチする。かなりのページ数がある中で、読者を飽きさせない構成の一つだと思う。
また、情景描写が分かりやすく、一つ一つの動作の描写に妙にリアリティーがあり、引き込まれた。
「問題作」と言われただけあり、容赦ないグロテスクな表現も部分部分に見られた。はっきり言ってエグイ。

本を読んで疲れることはほとんどないが、この本に関しては例外である。ラストまで気を抜けない展開。

心に余裕がある時に読むべし。
スポンサーサイト

別窓 | My Life | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<就職活動本格化 | If you try, you can make it. | vs.世界>>

この記事のコメント

どもお久しぶりです!
高校のときの同級生がこの本で読書感想文を提出していました。
この本を選んだのもすごいですが、
文章量もかなりのもので驚くと同時に感心しました。
2006-02-05 Sun 13:16 | URL | 太田遺産 #25OPJu36[ 内容変更] | top↑
久しぶりですねー。元気そうで何よりです。
確かに量が半端じゃなく多いっすね。
一端読み始めると、止まらないのもこの本の特徴。
2006-02-05 Sun 19:00 | URL | s.vainqueur #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。