If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

達成

060223_oth_figure_medal_180.jpg

トリノオリンピック、今大会日本最初のメダルは最高の形でもたらされた。

女子フィギュアスケートで日本の荒川静香選手が金メダルを獲得。銀はアメリカのサーシャ・コーエン選手、銅はロシアのイリーナ・スルツカヤ選手。

大舞台で自分の本来の実力を出す。相当な精神力を備えていないとできないこと。4年に一度のオリンピック、個人競技、そして冬の五輪の花形種目。その重圧度は2乗にも3乗にもなる。

過去五輪2大会に代表として出場したことのある、解説の佐藤有香さんが言っていたのは「金メダルを取るにはミスをしてはいけない」つまり完璧な演技をしなくてはならない。これがどれだけ難しいことかは実際に経験をしている人しか分からない。
コーエン、スルツカヤ両選手共に転倒などがあり、自分の本来の実力を発揮できなかった。

荒川選手は2004年に世界選手権で優勝し、一躍女王に躍り出た。しかし、その後の不調から引退説まで囁かれた。

世界選手権で優勝した選手がオリンピックで金メダルを取ることができないケースが多かった。過去5回世界選手権を制覇したアメリカのミシェル・クワン選手も金メダルには届かなかった。2005年選手権制覇のスルツカヤ選手も同様だ。
まるで全く違う空間で演技をしなければならないかの如く。オリンピックの魔力というものが存在するのかもしれない。

荒川選手はその魔力に打ち勝ち、見事金メダルを勝ち取った。会場はスタンディングオベーション。2004年に世界制覇を成し遂げた際の曲目でトリノを、いや世界中を魅了した。

表彰式、冬のオリンピックでは8年ぶりに君が代が流れた。表彰台の中央に立つ荒川選手の姿は、誰よりも輝いていた。


この素晴らしい栄光を今回だけで終わらせてほしくない。荒川選手が積み上げて来たもの、日本女子フィギュアスケートの誇りは継承されなければならない。
スポンサーサイト

別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<一喜一憂 | If you try, you can make it. | 野球で世界一を掴み取る>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。