If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「質」の追求

4月3日。多くの企業で入社式。多くの友人が社会人としてのスタートを切った。あと1年、自分もスタートラインに立ちたい。

先日書いた某飲料会社、出版社共に2次面接へ進むことになった。
共にそれが最終面接への懸け橋となる。
おそらくより内面に迫った面接となるだろうが、自分らしさ、思ったことをありのままに出していきたい。いわゆる圧迫面接というのをまだ経験していないが、そろそろ直面するのだろうか?

グループ面接で、他の学生がかなり長い発言をすることが多々見られる。そのため最初は話す「量」を意識してしまった。しかし、それほど長くなくても面接官の質問意図を的確に捉え、コンパクトに、解りやすく話すのがベストだというのは間違いない。
エピソードを長々と話しても、結局そこから何が言いたいのか、要旨が曖昧になってしまうのでは意味がない。「質」を追求し、自己流の面接術をマスターすることが内定に繋がるはず。

話は変わって本命企業の2次選考はこれまた筆記試験の出来が良くなかった。面接も第一志望ということで必要以上に緊張してしまった。

次へのチャンスをもらいたい。人事採用担当様、どうか挑戦する機会をお与えください。

こればかりは祈るしかない。



スポンサーサイト

別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<線路は続く | If you try, you can make it. | 束の間の安息>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。