If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

灼熱地獄、痛み分け

060618_soc_hideshoot180.jpg

FIFA WorldCup Germany 2006 REVIEW
【6/18 F組 日本 0-0 クロアチア】
ピッチの体感は40度。ニュルンベルクの灼熱の暑さの中、両国の戦いの結末は引き分けとなった。

90分間を通してクロアチアのシュートの嵐。日本は断続的なコーナーキックの守備に追われ、体力を削られた。
前半21分、1つの大きなプレーが試合を動かす。宮本がプルソに対してペナルティエリア内で反則。PKを与えるだけでなく、次試合も日本は主将を欠く事となった。

ここで日本代表を救ったのが、守護神川口。完全にキックのコースを読みきり、クロアチアに先制点を与えなかった。川口のファインプレーがなければ、ドイツワールドカップにおける日本の戦いは終わりを迎えていただろう。

後半は「気力と体力」の戦い。「負けた方が脱落」というプレッシャーと暑さ、両方に耐えながら闘い続けた。オーストラリア戦とは異なり、ジーコ監督の選手投入は早かった。後半開始から稲本、後半途中から玉田、大黒と送り込んだ。しかし、前半からクロアチアの攻勢に耐えていた中盤、守備陣は時間が経てば経つほど、キレを欠いてしまった。なかなか前線にボールが収まらない。

そんな中、中田英寿は別格だった。1人ピッチを走り回り、攻撃に守備に大車輪の活躍だった。試合前に「勝つしかない」とコメントしていた通り、積極的にミドルシュートを放ち、守備では1対1の場面でも抜かれることなく、相手の攻撃の芽を摘んだ。改めて日本の大黒柱は「ヒデ」しかいないと実感した試合だった。
試合終盤は完全に選手の足が止まり、均衡を破ることができなかった。

クロアチアと引き分けたことで、決勝トーナメント出場の可能性は消えなかった。
だが、グループリーグ最後の試合は前回優勝国ブラジル。過去最強のメンバーに加え、現在W杯9連勝中。正直言って点を取ることさえ難しいと思う。

「2点差以上でブラジルに勝つ」というのが最低条件。オーストラリアがクロアチアに負けるもしくは引き分けるというのもこの条件に加わる。

スポーツではよく「奇跡」という言葉が使われる。最近では野球のWBCにおいて日本が崖っぷちから這い上がり、優勝を掴み取ったのが記憶に新しい。

その「奇跡」を少しでも信じたい。
たとえ最強の相手であっても。
スポンサーサイト

別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<初出場国の真価 | If you try, you can make it. | 躍動する強豪>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。