If you try, you can make it.

なせば成る。なさねば成らぬ何事も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

初出場国の真価

20060620_1052_130.jpg

FIFA WorldCup Germany 2006 REVIEW
【E組 ガーナ 2-0 チェコ】
初戦で完璧な試合運びをしたチェコがガーナに完敗。ガーナはワールドカップ初勝利で決勝トーナメント進出の可能性も見えてきた。

【E組 アメリカ 1-1 イタリア】
両チーム合計で3人の退場者を出した荒れ試合。イタリアは若きFWジラルディーノの得点で先制するも、オウンゴールでアメリカと分けた。
第3戦はイタリア×チェコ、ガーナ×アメリカ。4チームがベスト16をかけ闘う。

【F組 ブラジル 2-0 オーストラリア】
相変わらずロナウドは本調子ではなかったが、アドリアーノが今大会初得点。ブラジルはワールドカップ9連勝、そして今大会いまだ無失点で決勝トーナメント進出を決めた。第3戦の相手は日本。戦前の予想通り、ブラジル以外の3チームが残り1枠を争う形になる。

【G組 フランス 1-1 韓国】
韓国の「粘り強さ」がまたも表れた試合。フランスはアンリのゴールで波に乗ると思いきやどうもエンジンがかからない。また、終了間際にジダンが今大会通算で2枚目のイエローカードを貰い、第3戦に出場できなくなった。「これからのフランス」を占う意味で第3戦は非常に意味のある試合になると思うが、ジダンの選手生活がこの試合で終わることも十分にあり得る。

【G組 スイス 2-0 トーゴ】

【H組 ウクライナ 4-0 サウジアラビア】
得点王候補でもあるシェフチェンコが1ゴール1アシスト。ウクライナ攻撃陣が爆発した。欧州予選で見せた強いウクライナのサッカーが体現され、ワールドカップ初勝利をあげた。

【H組 スペイン 3-1 チュニジア】
試合はチュニジアが先制。スペイン相手に一矢報いたが、やはり今大会の無敵艦隊は強かった。ラウルの同点ゴールの後、フェルナンド・トーレスが続いた。また19歳のセスクの素晴らしいパス、動きが目立った。
スポンサーサイト

別窓 | My Life | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<スケジュール調整に奮闘 | If you try, you can make it. | 灼熱地獄、痛み分け>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| If you try, you can make it. |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。